自分らしい最期「納骨堂」という選択なら後悔せずに安らかに眠れる

新しすぎるお墓

man to funeral

従来のお墓に比べると納骨堂を選ぶ人はまだまだ少ないですが、納骨堂の中でも更に珍しい納骨堂を紹介します。納骨堂は「新しいお墓」と呼ばれていますが、もはや「新しすぎるお墓」になってきています。

納骨堂とは

2 beads

都内で最上級の納骨堂にお骨を納めれば納骨後のアフターサービスも万全です。参拝も気軽に行えてオススメですよ。

自分の死後について考えたことはありますか?「家族や恋人と同じお墓に入りたい」と言う人もいれば「遺骨は海にまいて欲しい」なんてロマンチックな人もいるかもしれません。
日本には古くから「私と同じお墓に入って下さい」というプロポーズの言葉があるように、一家に代々引き継がれるお墓があって、女性は嫁いだ先のお墓に入るというのが常識でした。
しかし、核家族化や少子化が進んだ今、昔に比べて宗教や宗派、国籍を気にする人が少なくなったこともあってお墓の形は変わろうとしています。
散骨や樹木葬、納骨堂は「新しいお墓の形」として主に取り合えげられる主流のお墓です。
散骨や樹木葬は故人が何処に眠っているかわからないと言う理由や、また提供する場所をめぐってまだまだ反対意見の多い供養方法ですが、こちらも反対意見が多いながらも少しずつ人気を集めているのが「納骨堂」です。
納骨堂は「ある場所に遺骨を納める」という点では従来のお墓と変わりません。大きく違うのは、これまで屋外型のお墓とは違い、納骨堂は施設内にあるという点です。
納骨堂がまだまだ反対されてしまう理由としては、納骨堂が元々お墓が出来上がっていないような場合に一時的に遺骨を預けておく施設としての意味を持っていることが大きいでしょう。
しかし、納骨堂は少子化が進んだ現代では永代供養墓としての意味も強くなり、お墓を引き継いでいくのが難しい家族などからは人気を得ています。

お墓の歴史

there are many people at the funeral

昔の人は、死後の世界を幸せなものにするために信心深く祈っていました。時代が進むにつれて宗教が身近なものでなくなると、「死んだ後のことにお金はかけられない」と考える人が徐々に増え、納骨堂を選ぶ人が増え始めています。

納骨堂の費用相場

flowers on graves

従来のお墓より費用を抑えられると人気の納骨堂ですが、納骨堂と言ってもその種類は様々。どんな納骨堂を選ぶかによって値段も変わってきますよね。自分に合ったお墓を選ぶためにも相場をチェックしておきましょう。