自分らしい最期「納骨堂」という選択なら後悔せずに安らかに眠れる

お墓の歴史

there are many people at the funeral

現代らしいお墓

今のように墓石や墓碑の下に故人の遺体や遺骨を埋葬するスタイルが定着したのは江戸時代です。納骨堂の始まりもこの頃だと言われています。
日本のお墓への価値観は中国の風水思想に大きな影響を受けていて、風水ではお墓が立派であればあるほどその一家が繁栄するとされていたため、お墓を大きく豪華にしたいという想いが根付きました。
このことは、現代において納骨堂が「簡素すぎて故人に失礼だ」と批判される理由であるとも言えます。
明治時代になると日本でもキリスト教など仏教以外の宗教が認められるようになり、宗教に関係なく入ることのできる公営のお墓が生まれました。
宗教に関係なく入れるお墓としての部分は納骨堂も引き継いでいて、更に多宗教・無宗教化の進んだ現代では今後も需要の高まりが予想されます。
昔は「極楽浄土」という言葉もあるように、多くの宗教では死後の世界があると信じられていて、死んだ後、天国や極楽浄土で幸せに暮らせるように、人々は信心深く祈っていました。
しかし、現代では無宗教化が進み、「死んだら終わり」と死後の世界を信じる人が減ってきました。
そのため死んだ後のことになるべくお金をかけたくないと考えるようになり、以前のようにお墓にお金をかけたくないと思う人が増えてきたんです。
そんな中で宗教関係なく入ることができ、従来のお墓に比べて費用もかからない納骨堂は現代の「新しいお墓の形」として注目されているんですね。